本日のインゴット買取価格2017年02月20日現在

金インゴット¥4,784/1g

ご予約・お問い合わせ

地金買取は完全予約制です。お取引前に必ずインゴット買取ページをご確認ください。
公式国際ブランドのグットデリバリーバーがお買取対象となります。

金相場・海外市況情報1/25,1/24

2017年01月27日|鑑定士ブログ

金、プラチナ下落。 1/25/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1197.80  -13.00
・プラチナ PT  981.70 -26.10
・銀 Silver  16.980 -0.205
・NYドル/円  113.30

 1月25日、NY市場の金は下落。米株価上昇を受け、安全資産としての金は売られた。米株価が史上初となる2万ドルの大台を突破。投資家たちの投資意欲の高まりに安全な資産とされる金の魅力が低下し、金は軟調に推移した。プラチナも下落。金の下落 に連動し売られたほか、最近の上昇によるる利食い売りに押された。米株価の大幅上昇はプラチナの相場には影響を与えなかった。

………………………………………………………

金下落、プラチナ上昇。 1/24/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1210.80 -4.80
・プラチナ PT  1007.80 +27.90
・銀 Silver  17.185 -0.001
・NYドル/円  113.81

 1月24日、NY市場の金は下落。外為市場でのドル高・ユーロ安を受けて金は下落した。新規材料のないなか朝方は堅調に推移、一時は昨年11月22日以来のおよそ2ヶ月ぶりに1220ドルの節目を回復したが、終盤にかけて利益確定の売りに押された。一方、プラチナは上昇。南アフリカ鉱山大手の雇用削減計画を巡る懸念から引き続き好感される中、トランプ米大統領が米自動車メーカー大手3社の首脳に対し、米国内に新規の自動車工場の建設を強く要請した。これを受け、工業用需要が回復するとの期待感や、米株価が大幅上昇したことも買い要因に繋がり、節目とされる1000ドルを2ヶ月半ぶりに回復してプラチナは引けた。

………………………………………………………

金貨、ゴールドコイン、金、プラチナなど貴金属の高価買取は【金貨買取本舗】にお任せください!どこよりも高くお買取り致します。

【金貨買取本舗】は、貴金属市場の変動にあわせて、つねに最新の「金貨買取価格」を公開中です。金インゴットや金、プラチナ、金貨、プラチナコイン、パラジュウムコイン、銀貨、金、銀メダルなど、お手持ちの貴金属をできるだけ高く売りたい!そのようなときは【金貨買取本舗】の金・金貨の最新「買取価格」を是非、ご参考になさってください!

 お問い合わせは、フリーダイヤル・メールフォーム、またはLINEによるお手軽な無料査定も随時受け付けております【金貨買取本舗】の無料査定をどうぞお気軽にご利用下さい!

金相場・海外市況情報1/23,1/20

2017年01月25日|鑑定士ブログ

金、プラチナ上昇。 1/23/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1215.60  +10.70
・プラチナ PT  979.90 +3.90
・銀 Silver  17.186 +0.154
・NYドル/円  112.75

 1月23日、週明けNY市場の金は上昇。外為市場のドル安・ユーロ高を受けて金は上昇。トランプ米大統領が会合で大規模な減税や規制の大幅撤廃に言及した一方で、日本や中国の貿易障壁や不公平な通商関係を問題視するとの発言をし、保護主義的な政策姿勢などから米国と日中の間で貿易摩擦が激しくなるとの懸念が生じ、安全な資産とされる金に買いが集まった。プラチナも上昇。南アフリカの鉱山大手アングロゴールドの雇用削減計画に対する懸念などを背景に買いが継続した。ただ、終盤にかけて値上がりによる利益確定の売りに押され、上げ幅を縮小し、プラチナは小幅高で引けた。

………………………………………………………

金、プラチナ上昇。 1/20/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1204.90 +3.40
・プラチナ PT  976.00 +19.60
・銀 Silver  17.032 +0.03
・NYドル/円  114.65

 1月20日、週末NY市場の金は上昇。外為市場でのドル安・ユーロ高を受けて金は上昇。トランプ米大統領の就任式を控えての模様眺めムードが広がるなか、朝方は小動きに推移した。注目されたトランプ大統領の就任演説では「米国第一主義」をさらに強調 し、新たな政策に言及がなかったために相場には影響を与えなかった。取引終了後にドルが対ユーロで幾分軟化するとファンド筋の買いが見受けられ、金は小幅高で推移した。プラチナも上昇。米株価上昇を受けた買いや、値下がりよる買い戻しが先行したほか、南アフリカの全国鉱山労組(NUM)が鉱山大手アングロゴールドの雇用削減計画に反対する姿勢を示したこともプラチナの買い材料に繋がった。

………………………………………………………

金貨、コイン、金、プラチナなど貴金属の高価買取は【金貨買取本舗】にお任せください!どこよりも高くお買取り致します。

【金貨買取本舗】は、変動する貴金属市場にあわせて、つねに最新の金貨買取価格を公開しています。金インゴットや金、プラチナ、金貨、プラチナコイン、パラジュウムコイン、銀貨、金、銀メダルなど、お手持ちの貴金属をできるだけ高く売りたい方【金貨買取本舗】の金・金貨の最新買取価格を是非、ご参考になさってください!

 お問い合わせは、フリーダイヤル・メールフォーム、LINEによるお手軽な無料査定も随時受け付けております【金貨買取本舗】の無料査定をどうぞお気軽にご利用下さい!

金相場・海外市況情報1/18,1/19/2017

2017年01月20日|鑑定士ブログ

金、プラチナ下落。 1/19/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1201.50  -10.60
・プラチナ PT  956.40 -15.50
・銀 Silver  17.002 -0.27
・NYドル/円  114.88

 1月19日、NY市場の金は下落。米利上げ観測の強まりから金は売られた。本日発表となった2016年12月の米住宅着工件数は前月比11.3%増の122万6000戸と、市場予想(120万戸)を大きく上回った。また、米新規失業保険申請件数も事前の予想より大幅に下回り、米利上げペースが早まるのではないかとの思惑から、外為市場でドル高・ユーロ安が進行。これを受けて金は軟調に推移した。プラチナも下落。連日の米株価下落によるプラチナ需要の減少懸念から下落して引けた。

………………………………………………………

金、プラチナ下落。 1/18/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1212.10 -0.80
・プラチナ PT  971.90 -11.20
・銀 Silver  17.274 +0.126
・NYドル/円  114.68

 1月18日、NY市場の金は下落。外為市場でのドル高・ユーロ安を受けて金は軟調に推移。米地区連銀景況報告(ベージュブック)の公表や、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を待つムードが強まるなか、本日発表となった米経済指標は総じて良好であったが市場の反応は薄く、小動きに推移した。取引終了後に発表されたベージュブックでは、米経済の緩やかな成長が続くとの見通しが示されたほか、多くの地域で労働市場の引き締まりや、賃金の上昇圧力が強まるとされ、米国の利上げペースが速まるとの見方が一部で浮上した。また、イエレンFRB議長が講演で「急激な追加利上げは必要ない」としつつも「2019年まで年数回の追加利上げを想定している」と述べたため安全な資産とされる金は売られた。一方、プラチナは下落、米株価下落を嫌気した売りにプラチナは軟調に推移した。

………………………………………………………

金貨・金、プラチナなど貴金属の高価買取は【金貨買取本舗】にお任せください!どこよりも高くお買取り致します。

【金貨買取本舗】は貴金属市場の変動にあわせた金貨買取価格の最新情報を公開しています。金インゴットや金、プラチナなどの貴金属、金貨、プラチナコイン、パラジュウムコイン、銀貨、金、銀メダルなどをできるだけ高く売りたい方は【金貨買取本舗】の金・金貨の最新買取価格を是非、ご参考になさってください!

 お問い合わせは、フリーダイヤル・メールフォームのほかにも、LINEによるお手軽な無料査定も随時受け付けております【金貨買取本舗】の無料査定をどうぞお気軽にご利用下さい!

金相場・海外市況情報1/17,16,13/1/2017

2017年01月18日|鑑定士ブログ

金上昇、プラチナ下落。 1/17/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1212.90 +16.70
・プラチナ PT  983.10 -3.30
・銀 Silver  17.148 +0.383
・NYドル/円  112.65

 1月17日、NY市場の金は上昇。外為市場でのドル安・ユーロ高を受けて金は買われた。メイ英首相がEU離脱に関する演説でEU単一市場から撤退する方針を示した。しかし、交渉の先行き不透明感から欧米の株価は下落し、投資家のリスク回避姿勢が強まったことで、安全資産とされる金は買われた。一方、プラチナは下落。メイ首相の演説を受けて、景気先行き不透明感から米株価が下落し、プラチナ需要の減少懸念から軟調に推移した。NY外為市場でドルが下落。ドルは対円で昨年11月下旬以来、約1ヶ月半ぶりに 112円台を付けた。

………………………………………………………

貴金属休場。 1/16/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  休み
・プラチナ PT  休み
・銀 Silver  休み
・NYドル/円  休み

 1月16日、週明けNY市場は休場。NY市場は、キング牧師誕生日のため休場でした。週明け、ロンドン自由金市場の金は外為市場でのドル安・ユーロ高を受けて堅調に推移、1202.46ドルで引けた。ただし、米国市場は休場につき商いは薄く低調。1月17日、午前8時30分現在のシドニー市場は金1204.20ドル、ドルは対円で114.13円の前日比ほぼ変わらずで推移。

………………………………………………………

金下落、プラチナ上昇。 1/13/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1196.20 -3.60
・プラチナ PT  986.40 +1.70
・銀 Silver  16.765 -0.06
・NYドル/円  114.55

 1月13日、週末NY市場の金は下落。年内米利上げ観測の強まりから金は軟調に推移。新規材料のないなか、2016年12月の米小売売上高は予想通りの0.6%増となり、本日発表された昨年12月の米卸売物価コア指数が予想を上回ったほか、他の指標も総じて良好な内容となったため、年内3回の利上げ観測が強まった。これを受けて金は売られた。しかし、1月の米ミシガン大学消費者信頼感指数の下振れを眺めて買い戻す向きがみられたため、終盤にかけて金の下げ幅は限定的となった。一方、プラチナは上昇。商いは薄く低調。朝方は金の軟調に連動した売りに押されたが、終盤にかけてプラチナは買い戻され、小幅高で引けた。

………………………………………………………

金貨・金、プラチナなどの貴金属の高価買取は【金貨買取本舗】にお任せください!どこよりも高くお買取り致します。

【金貨買取本舗】は貴金属市場の変動にあわせて金貨買取価格の最新情報を公開しています。金インゴットや金、プラチナなどの貴金属、金貨、プラチナコイン、パラジュウムコイン、銀貨、メダルなどをできるだけ高く売りたい方【金貨買取本舗】の金・金貨の最新買取価格を是非、ご参考になさってください!

 お問い合わせは、フリーダイヤル・メールフォームのほかにも、LINEによるべんりな無料査定も随時受け付けております【金貨買取本舗】の無料査定をどうぞお気軽にご利用下さい!

金相場・海外市況情報1/12,1/11/2017

2017年01月14日|鑑定士ブログ

金、プラチナ上昇。 1/12/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1199.80 +3.20
・プラチナ PT  984.70 +8.30
・銀 Silver  16.825 -0.003
・NYドル/円  114.73

 1月12日、NY市場の金は上昇。外為市場でのドル安・ユーロ高を受けて金は買われた。新規材料のないなか、前日のトランプ次期米大統領の記者会見で、経済政策に具体的な言及がなかった失望感から、外為市場にてドルが軟調推移した。これを受けて金は買われた。ただし、終盤にかけてドルが買い戻されると金も売られ、上げ幅を縮小して引けた。プラチナも上昇。様子見ムードが漂うなか、値下がりによる安値拾いの買いに、プラチナは小幅上昇して引けた。

………………………………………………………

金上昇、プラチナ下落。 1/11/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1196.60 +11.10
・プラチナ PT  976.40 -6.40
・銀 Silver  16.828 -0.02
・NYドル/円  115.42

 1月11日、NY市場の金は上昇。外為市場でのドル安・ユーロ高を受けて金は買われた。朝方は軟調。トランプ次期米大統領記者会見の期待感から外為市場にてドルが堅調に推移すると、金は売られた。しかし、注目されたトランプ氏の記者会見では減税や公共事業拡大の具体案や新たな政策への言及はなかったため、失望感から一転してドルが売られ、金に買いが集まり、約2ヶ月ぶりの高値を付けた。一方、プラチナは下落。連日の上昇による利益確定の売りに押された結果となった。プラチナは米株価上昇には反応を示さなかった。

………………………………………………………

金貨・金プラチナなどの貴金属の高価買取なら【金貨買取本舗】にお任せください!どこよりも高くお買取り致します。

【金貨買取本舗】は貴金属相場の変動にあわせて金貨買取価格の最新情報を公開しています。金インゴットや金、プラチナなどの貴金属、金貨、プラチナコイン、パラジュウムコイン、銀貨などをできるだけ高く売りたい方は【金貨買取本舗】の金・金貨の最新買取価格を是非、ご参考になさってください。

 お問い合わせは、フリーダイヤル・メールフォームまたは、LINEによるべんりな無料査定も随時受け付けております【金貨買取本舗】の無料査定をどうぞお気軽にご利用下さい!

金相場・海外市況情報1/10,1/9/2017

2017年01月12日|鑑定士ブログ

金、プラチナ上昇。 1/10/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1185.50 +0.60
・プラチナ PT  982.80 +0.20
・銀 Silver  16.848 +0.165
・NYドル/円  115.78

 1月10日、NY市場の金は上昇。ドルの値動きを挟み、売り買いが交錯するなか小幅上昇した。朝方は堅調に推移した。トランプ次期大統領の記者会見を翌日に控え、安全資産とされる金は買われた。しかし、その後は外為市場でドルが対ユーロで上昇すると金は売られたほか、最近の上昇による利益確定の売りに押されて、上げ幅を縮小し金は前日比ほぼ変わらずの小幅高で引けた。プラチナも上昇。米株価の軟化を背景に、一時は970ドル割れ目前まで水準を下げたものの、その後は株価の下げ渋りを眺めて切り返し、金同様にプラチナも小幅高で引けた。

………………………………………………………

金、プラチナ上昇。 1/9/2017日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)
・金 Gold  1184.90 +11.50
・プラチナ PT  982.60 +12.00
・銀 Silver  16.683 +0.164
・NYドル/円  116.04

 1月9日、週明けNY市場の金は上昇。外為市場でのドル安・ユーロ高を受けて金は買われた。新規材料のないなか朝方は、ドル高を受けて軟調に推移した。その後、外為市場ユーロ・ドル相場でのドル高一服から買い戻された。本日発表となった昨年12月の米労働市場情勢指数が弱い内容であったことや、米国債利回りの伸び悩みも買い材料視とされた。プラチナも上昇。金の上昇に連動して買われた他、新トランプ政権による景気上昇の期待感からの買いが継続した。

………………………………………………………

金貨・貴金属の高価買取なら【金貨買取本舗】にお任せください!どこよりも高くお買取り致します。

【金貨買取本舗】は金相場の変動にあわせて金貨買取価格の最新情報を公開しています。金インゴットや金、プラチナなどの貴金属、金貨、プラチナ貨、パラジュウム貨、銀貨など、できるだけ高く売りたい方は【金貨買取本舗】の金・金貨の最新買取価格を是非、ご参考になさってください。

 お問い合わせは、フリーダイヤル・メールフォームまたは、お手軽なLINEによる簡単無料査定も随時受け付けております【金貨買取本舗】の無料査定をどうぞお気軽にご利用下さい!

1 / 1712345...10...最後 »