金貨買取本舗

金貨買取本舗では、金貨,銀貨,コイン,メダル,記念硬貨,金,プラチナを東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県で高価宅配買取価格を実現!

本日のインゴット買取価格2018年06月24日現在

金インゴット¥4,799/1g

ご予約・お問い合わせ

インゴット買取は完全予約制です。お取引前に必ずインゴット買取ページをご確認ください。
公式国際ブランドのグットデリバリーバーがお買取対象となります。

金相場・海外市況情報10/14,10/13,10/12

金下落、プラチナ上昇。 10/14/2016日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)

・金 Gold  1255.50 -2.10
・プラチナ PT  939.50 +6.60
・銀 Silver  17.441 -0.017
・NYドル/円  104.21

 10月14日、週末NYY市場の金は下落。外為市場でのドル高・ユーロ安を受けて金は軟調に推移した。朝方は弱含みに推移した。ただ、その後、発表となった10月の米ミシガン大学消費者信頼感指数の低調な内容を受けて買い戻しも見られ、終盤にかけて小幅安で引けた。市場関係者が注目していた9月の米小売売上高0.6%増は市場予想通りだった他、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の講演も金融政策について具体的な言及がなかったため、相場に大きな影響を与えなかった。一方、プラチナは上昇。朝 方は、金の軟調に連動して売られたが、終盤にかけて売られ過ぎによる買い戻しや米株価上昇を受け、プラチナは小幅上昇して引けた。

………………………………………………………

金上昇、プラチナ下落。 10/13/2016日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)

・金 Gold  1257.60 +3.80
・プラチナ PT  932.90 -9.00
・銀 Silver  17.458 -0.047
・NYドル/円  103.71

 10月13日、NY市場の金は上昇。安値拾いの買いやショートカバーの買い戻しにより上昇した。中国貿易統計による9月輸出が前年同月比10.0%減と、7ヶ月ぶりの大幅減少。輸入も1.9%減少となった。これを受けて投資家のリスク選好姿勢が後退した。また、これを受けた欧米の株価下落により、安全資産としての金は買われた。ただ、米年内利上げ観測が根強いため、上げ幅は限定的となり、金は小幅高で引けた。一方、プラチナは下落。朝方は売られ過ぎによる買戻しに堅調に推移。しかし、欧米の株価下落を受 け、プラチナ需要の減少懸念から下落して引けた。

………………………………………………………

金、プラチナともに下落。 10/12/2016日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)

・金 Gold  1253.80 -2.10
・プラチナ PT  941.90 -7.90
・銀 Silver  17.505 -0.004
・NYドル/円  104.23

 10月12日、NY市場の金は下落。外為市場でのドル高・ユーロ安を受けて金は売られた。新規材料のないなか、年内利上げ観測が引き続き根強いことを背景にしてドルが対ユーロで上昇基調となっていることも、金売りに繋がった。ただし、取引終了後に発表となった、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、参加者の大半が利上げ判断について今後の経済指標を見極めるべきとしていたことが明らかとなり、利上げに対する警戒感がやや和らいだため、買い戻しが入り下げ幅も縮小されている。プラチナも下落。 金の軟調に連動しプラチナも売られた他、前日からの流れを継続したテクニカル要因による売りも見受けられた。

………………………………………………………

2016年10月17日

カテゴリ

アーカイブ