金貨買取本舗

金貨買取本舗では、金貨,銀貨,コイン,メダル,記念硬貨,金,プラチナを東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県で高価宅配買取価格を実現!

本日のインゴット買取価格2018年06月24日現在

金インゴット¥4,799/1g

ご予約・お問い合わせ

インゴット買取は完全予約制です。お取引前に必ずインゴット買取ページをご確認ください。
公式国際ブランドのグットデリバリーバーがお買取対象となります。

金相場・海外市況情報 7/25 - 7/21

金は下落、プラチナ変わらず 7/25/2016日付NY

*終値($ドル/オンスOZ)

・金 Gold  1319.50 -3.90
・プラチナ PT  1088.40 ±0
・銀 Silver  19.647 -0.042
・NYドル/円  105.81

 7月25日、週明けNY市場の金は下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)を26~27日に控え、新規材料がなく、年内利上げが意識されるなか、軟調に推移した。最近発表の米経済指標の大半の内容が良好であることで9月利上げ説も一部で浮上、金に関しては弱材料視された。但し、英国EU離脱後の景気見通し等、先行きの不透明感が根強いことにより、安全資産としての金は買い戻しも見られ、下げ幅は限定的となった。一方、プラチナは変わらず。朝方は、金の軟調や米株価下落に嫌気した売りに押されたが、終盤にかけて安値拾いの買い戻しで上昇し、前週末比変わらずで引けた。

………………………………………………………

金、プラチナともに下落。 7/22/2016日付NY

・金 Gold  1323.40 -7.80
・プラチナ PT  1088.40 -19.60
・銀 Silver  19.689 -0.126
・NYドル/円  106.09

 7月22日、週末NY市場の金は下落。週末を控えポジション調整の売りや、外為市場でのドル高・ユーロ安を受け、金は売られた。最近発表の米経済指標の大半の内容が良好であることから、米連準備理事化(FRB)が年内追加利上げに働くとの思惑も金の売りを誘った。但し、英国EU離脱後の景気先行き不安が拭いきれず、終盤にかけて買い戻しも見られ、下げ幅は限定的となった。プラチナも下落。金の軟調に推移して売られた他、最近の上昇による利益確定の売りやポジション調整の売りにて下落して引けた。その上、欧州中央銀行(ECB)が2017~2018年のユーロ圏内の総生産(GDP)成長率見通しを 下方修正されたことにより外為市場でユーロが対ドルで軟調に推移。

………………………………………………………

金、プラチナともに上昇 7/21/2016日付NY

・金 Gold  1331.00 +11.70
・プラチナ PT  1108.00 +16.50
・銀 Silver  19.815 +0.202
・NYドル/円  105.83

7月21日、NY市場の金は上昇。本日、朝方発表された6月の米中古住宅販売件数が前月比1.1%増(市場予想0.5%減)等、主要な米経済指標が総じて良好だったことにより、米追加利上げが早期化することに対する警戒感が強まり、金は軟調に推移。しかし売りが一巡すると、売り過ぎによる安値拾いの買い戻しで、終盤にかけ反発して引けた。史上最高値を連日更新していた米株価が反落したことも金の買いを誘った。プラチナも上昇。金の上昇に連動し買われた。米株価下落には反応せずに、節目とされている1100ドルを回復して引けた。

2016年07月26日

カテゴリ

アーカイブ