金貨買取本舗

金貨買取本舗では、金貨,銀貨,コイン,メダル,記念硬貨,金,プラチナを東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県で高価宅配買取価格を実現!

本日のインゴット買取価格2018年06月23日現在

金インゴット¥4,799/1g

ご予約・お問い合わせ

インゴット買取は完全予約制です。お取引前に必ずインゴット買取ページをご確認ください。
公式国際ブランドのグットデリバリーバーがお買取対象となります。

アメリカ金貨:インディアン金貨

 インディアンの頭部がデザインされた金貨です。インディアンヘッドと呼ばれています。1859年、1セントコインのデザインに採用され、20世紀に入ってからは金貨のデザインにもさいようされました。

 インディアン金貨の品位はK21.6、全体の90%に金が使用されています。インディアン金貨の残りの10%は銅によるのが特徴で、インディアン金貨の独特な色合いを出しています。

 額面は10ドル、5ドル、2.5ドルの3種類。1908年から1933年の間に発行されたものがほとんどです。金貨としての人気だけでなく、ペンダントトップなどの金貨ジュエリーとしてとても高い人気があり、2005年前後から、その金貨価値が高騰している金貨のひとつでもあります。また、近年では、サイズや品位の違いで発見される偽造金貨も多く存在しています。

インディアン金貨の別名

 インディアン金貨は額面ごとに別の呼び名を持ちます。下記がその呼び名です。   

  • ・10ドル金貨: イーグル(eagle)
  • ・5ドル金貨: ハーフ・イーグル(half eagle)
  • ・2.5ドル金貨: クォーター・イーグル(quarter eagle)
 また、10ドル金貨をヤング・インディアン、2.5ドル・5ドルをオールド・インディアンとも呼びます。

偽造インディアン金貨の特徴

 

 インディアン金貨の付加価値を考えて本物同様の品位で作られている偽造金貨も存在します。 金貨のみの状態であれば比重などで真贋することができますが、スラブケースに入ってしまうとそれが難しいため外観の違いを検討することになります。

 本物であれば顔や羽飾りの輪郭など、デザインがはっきりときれいにレリーフされています。文字もはっきりと読み取れます。

 また、付加価値のある金貨のなかには、鑑定機関NGC社、PCGS社によるグレードランクの付けられたプレミアム金貨を偽造したものがあり、中の金貨のみならず外観であるスラブケースやバーコードなどのラベルも偽造されています。

 中身の偽造金貨の特徴としてはデザインや文字などの輪郭がはっきりしないということがあげられます。スラブケースやラベルも印刷が薄いなど、本物と比べると違いがわかります。

 インディアン金貨の特徴として、表面と裏面が上下逆さまになっている点があります。これは、欧米人が物の裏面を見るときに、縦にひっくり返すことから、このようなデザイン形態がとられています。この様に、デザインが裏表逆さまでない金貨は偽造金貨と言えます。

アメリカ金貨:インディアン金貨 アメリカ金貨:インディアン金貨
買取価格はこちらをクリック

 【金貨買取本舗】では、プレミアム金貨や記念金貨、あらゆる金貨を高価買取しております。お手持ちの金貨に現在どれほどの価値があるのか?気になる方は無料査定を是非ご利用ください。

▶フリーダイヤル:0120-9610-66
▶お問合せ メールフォームはコチラ📧
LINE無料査定
お手軽なLINE無料査定はコチラ

営業時間:11:00〜18:00 年中無休

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
全国どこからでも郵送買取いたします🚚
親切丁寧・迅速対応
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【金貨買取本舗】は「店頭買取」も致します。 各店舗へのアクセスは、下記リンク先ページをご覧ください。 ご来店前にフリーダイヤルにてご気軽に、ご相談・ご連絡ください。
金貨買取本舗加盟店 | 店舗案内

2017年06月27日

カテゴリ

アーカイブ