送料・手数料無料 すべて0円!送料・手数料無料 すべて0円!宅配買取、店頭買取に対応

フリーダイヤル 0120-9610-66フリーダイヤル0120-9610-66
受付時間 10:00-18:00
フリーダイヤル通話ができない場合047-409-1031
6コールで2回転送されます。長めにお電話ください。

【日本一高いWeb買取価格】K24純金海外金貨の買取価格UP!!
CLOSE

新20円金貨の買取価格

|表

|裏

本日の買取価格 [2024/05/25]

  • ※買取価格は常に変動しております。最新価格は弊社へお問い合わせください。
  • ※発行年によりデザインが異なるものがございます。
他店より高く買い取ります

金貨買取本舗では、他店よりも高額な査定を心がけております。

査定申込時に他店より安い価格の場合はお申し付けください。

買取価格を他店より高額にいたします

  • 同一商品で他店サイトにて査定額を確認できる場合に限ります。
  • 傷や汚れなどがある商品については、ご希望に添えない場合がございます。ご了承ください。
  • やむをえず対応できない場合もございます。その際はご容赦ください。

LINEでお気軽査定!

「とりあえず値段だけ知りたい」という方にオススメです!

スマートフォンで撮影して商品写真を手軽に送信できるので、より細かい査定ができます。

ご質問やご相談もお気軽にどうぞ。

新20円金貨について

名称 新20円金貨
発行国 日本
鋳造 時期: 明治30年~昭和7年
質量 16.6g
直径 28.7mm
厚さ -
材質
品位 (karat) K21.6

新20円金貨(しんにじゅうえんきんか)は明治30年(1897年)~昭和7年(1932年)に日本の新たな貨幣法に伴って発行されました。

日本が金の価値を基準に取引きする『金本位制』を確立させるため、日清戦争の賠償金を用いて大量につくられた金貨といわれています。

表面は上に菊の紋章とそれを囲むように、菊の枝が下から上に向かって伸びているように彫られています。中心には金額を示す『二十圓』の文字が刻まれたシンプルなデザインです。

また裏面も中心に太陽を表す刻印の周りに、ひし形の花びらが囲うように配置されているスッキリとしたデザインです。

素朴なデザインは現在の100円硬貨に似ており、現代の硬貨を使用している人からすると見慣れた模様に感じるかもしれません。

お持ちの新20円金貨の買取価格を知りたい方は『無料査定のお申し込み』『LINEで査定』やお電話から是非お問い合わせください。

新20円金貨の種類と価格

新20円金貨は基本的には金相場に基づいた価格で取引されますが、発行枚数が少ない年銘に関してはプレミア価値を上乗せした金額で取引されることがよくあります。

つくられた時代をとおして発行枚数が多いので、品質が低いものだとだいたいが14万円~15万円程度で取引きされています。

しかしなかには発行枚数が比較的多い新20円金貨でも、400万円から取引きされるものもあるので、プレミア価値がつくか最初に確認したほうが良いでしょう。

新20円金貨の場合、デザインの違いによるプレミア価格というよりは、時代背景に関連したプレミア価格が上乗せさせる金貨です。

詳しくは年代ごとの時代背景やプレミアの理由を記述した下記をご参照ください。

【発行枚数一覧】

新20円金貨 明治30年(1897年)

買取価格 ※※※円

明治30年は新20円金貨がはじめてつくられた年です。新20円金貨全体の発行枚数に比べると1,861,000枚は比較的少ないほうです。

しかしこの金貨は唯一『デザインの特徴』でプレミア価値がつく金貨です。

裏面の明治の『明』の字を観察してみてください。『日』の字と『月』の字の間に横線が入っていることがあります。この特徴は日の最後の画が跳ねているので『ハネ明』と呼ばれています。

一方、間に横線がない状態の金貨は跳ねていないので『トメ明』と呼ばれています。明治30年の新20円金貨のほとんどがトメ明なのでハネ明の金貨は希少です。

同じ年代の価格で比べると、品質が低い金貨の値段は同じですが、状態が良いものだとハネ明のほうがトメ明より約2万円高く取引きされています。

新20円金貨 明治36年(1903年)

買取価格 ※※※円

明治36年につくられた新20円金貨は市場にも出回り、存在も確認されていますが、発行枚数はわかりません。

ほかの年代の新20円金貨同様に発行枚数が多いことが予測できますが、市場で見かけることが少ないので、かなり希少な金貨といえるでしょう。

その希少性からか、ほかの年代の金貨に比べて比較的高値で取引きされています。コレクターからすると手に入りにくいため、プレミア価値がつきやすい金貨です。

新20円金貨 明治37年(1904年)

買取価格 ※※※円

明治37年につくられた新20円金貨は2,759,470枚も発行されています。前年よりも100万枚も多くつくられており、新20円金貨のなかで5番目に発行枚数が多いです。

発行枚数は多いですが、新20円金貨のなかで極端に価値が低いということはなく、品質が低いものでも15万円から取引きされています。

プレミア価値はつかない年代の金貨です。

新20円金貨 明治38年(1905年)

買取価格 ※※※円

明治38年の新20円金貨は1,045,904枚発行されています。明治30年や明治37年よりも少ないですが希少価値は認められていません。

価格も特出して高いということはなく、品質が低いと15万円ほどで取引きされます。市場で多く見かける金貨なので、プレミア価値よりも状態の良さで高額か判断したほうが良いでしょう。

新20円金貨 明治39年(1906年)

買取価格 ※※※円

明治39年に発行された新20円金貨は1,331,332枚です。ここまでに紹介した年代のなかでは多いほうですが、価格はこちらのほうがやや高値です。

品質が低いと17万円から取引きされますが、かなり品質が良い状態のものは、明治30年や明治37年の金貨よりも約5万円高い金額で取引きされています。

もし明治39年の新20円金貨を保有しているなら、汚れや傷がないかなどきれいな状態かを最初に確認すると良いでしょう。

新20円金貨 明治40年(1907年)

買取価格 ※※※円

明治40年の新20円金貨は817,362枚発行されています。100万枚を下回る発行枚数は、以前に発行されていた金貨よりかなり少ないと感じさせます。

しかし同じく明治に発行された5円金貨や、1円金貨に比べると枚数が多い部類です。けれども明治40年製の金貨は、やや価格が高い明治39年製の約2倍高値で取引きされています。

希少性ではないプレミアが、この金貨にはあるのです。

傷が少なくきれいな状態のものは、80万円で取引きされるケースもあるので、高値が期待できる金貨といえるでしょう。

新20円金貨 明治41年(1908年)

買取価格 ※※※円

明治41年の新20円金貨は458,082枚発行されています。比較的枚数が少ないと紹介した明治40年のさらに半分の枚数です。

このくらいの発行枚数でようやくほかの明治金貨の枚数に並びます。

発行枚数が少ないことで希少価値が上乗せされ、品質が低い金貨でも、明治40年より10万円高値で取引きされています。

比較的価格が高い明治40年製よりも高値であることは、覚えておいたほうが良いかもしれません。

かなり品質が良いものだと100万円取引きされることもあり、この価格は新20円金貨のなかで4番目に高い価格です。

新20円金貨 明治42年(1909年)

買取価格 ※※※円

明治42年の新20円金貨は557,882枚発行されています。明治41年より枚数は多いものの、全体では3番目に少ない数です。

発行枚数は前年より多いにも関わらず、前年の新20円金貨よりさらに高価で取引きされています。両者の価格差は品質が低いと約5万円、品質が高いと約10万円です。

品質が低くても45万円から取引きされるので、見つけられたらラッキーです。

新20円金貨 明治43年(1910年)

買取価格 ※※※円

明治43年の新20円金貨は2,163,644枚発行されています。200万枚を超える発行枚数は、明治37年以来です。

プレミアがつく金貨ではないため、これまでにつくられた新20円金貨同様に、品質が低いと15万円から取引きされています。

品質が良いものでも32万円と、新20円金貨のなかでは安いほうの価格です。

新20円金貨 明治44年(1911年)

買取価格 ※※※円

明治44年に発行された新20円金貨は1,470,054枚です。新20円金貨のなかでは発行枚数が多いほうです。

プレミアがつかない金貨なので、価格も特出して高いということはありません。

しかし前年と合わせて約300万枚も発行されているので、もし今後これらの金貨が大量に発見されたとなると、供給が増え逆に価値が下がる可能性はあります。

新20円金貨 明治45年(1912年)

買取価格 ※※※円

明治45年に発行された新20円金貨は1,272,450枚です。発行枚数自体は比較的多いほうではありますが、前年の金貨より5万円ほど高く取引きされるケースもあります。

しかしあきらかに粗悪なものや、やや傷が少ない程度の状態では、ほかの新20円金貨と価格が変わらないので気をつけましょう。

この年の新20円金貨は品質が良いほどプレミアが期待できます。

新20円金貨 大正元年(1912年)

買取価格 ※※※円

新20円金貨は明治から昭和まで発行された金貨です。大正元年のものは、ちょうど明治から大正に時代が変わった時につくられました。

発行枚数はなんと177,644枚と、新20円金貨のなかでもっとも少ないです。その希少性からプレミア価格が高い金貨でもあります。

品質が低いものでも22万円、保存状態がかなり良ければ70万円で取引きされます。

しかし明治41年や明治42年に比べると価格は低く、発行枚数が少ないだけではあまりプレミア価格に反映されないことがわかる金貨でもあります。

新20円金貨 大正2年(1913年)

買取価格 ※※※円

大正2年につくられた新20円金貨は869,248枚です。

大正元年と比べると価格は下がりますが、明治につくられた新20円金貨の最低額よりやや高値で取引きされています。

品質が低くても16万円と、明治なら15万円で取引きされていた金貨が、大正になった途端に価格が1万円高いです。

低品質でも大正のほうが若干高値であるため、金貨を確認する時に最初に年号から見ると価格が予想しやすいでしょう。

新20円金貨 大正3年(1914年)

買取価格 ※※※円

大正3年につくられた新20円金貨は1,042,890枚です。大正初の100万超えの枚数ですが、こちらも大正2年同様、明治時代よりやや高値で取引きされます。

品質問わず明治につくられた金貨より高いですが、価格は大正2年と変わりません。

新20円金貨 大正4年(1915年)

買取価格 ※※※円

大正4年につくられた新20円金貨は1,509,962枚です。枚数は大正2年や大正3年よりも多いですが、同じ価格で取引きされています。

大正時代につくられた上記の2種と同様に、明治の新20円金貨より若干高値です。

新20円金貨 大正5年(1916年)

買取価格 ※※※円

大正5年につくられた新20円金貨は2,376,641枚です。この枚数は大正時代のなかで3番目に多いです。

枚数の多さから市場に出回ることが多く、希少性が少ないことから、大正5年の金貨は価格が低いです。

品質問わず、大正時代の金貨が明治時代よりも高額であると説明しましたが、この金貨は品質が低いと14万円で取引きされます。

明治時代でも価格が低くて15万円だったことを考えると、大正5年の新20円金貨はほとんどプレミア価値がつかない金貨といえるでしょう。

新20円金貨 大正6年(1917年)

買取価格 ※※※円

大正6年に発行された新20円金貨はなんと6,208,885枚もあります。大量に金貨が発行された歴史的背景には、3年前の第一次世界大戦による『大戦景気』が関係していたのでしょう。

日本は第一次大戦に関係している国にもかかわらず、戦地から遠く離れていました。

国への直接的な損害がないことで、貿易停滞していたアジアの国々への大量輸出や、ヨーロッパ向けの軍事品の輸出などを積極的に行うことができました。

他国との貿易や国内の経済活性化に伴い、日本政府は非常に多い枚数の貨幣を発行したのです。当時の歴史が読み取れる金貨ではありますが、コレクションとしての価値は低いようです。

かなり状態が良いものでも30万円と、新20円金貨のなかではもっとも安い値段で取引きされています。

新20円金貨 大正7年(1918年)

買取価格 ※※※円

大正7年に発行された新20円金貨は3,118,647枚です。前年の約半分の枚数ですが、それでも明治時代に比べると多いです。

前年同様、世間にまだ第一次世界大戦による経済活性の影響は残っていたと考えられます。流通のための金貨の大量発行の流れが、金貨を300万枚発行させるに至ったのでしょう。

しかし価格の面でもやはり大正6年と同じく、コレクションの価値は低いようです。品質が低いと14万円ほど、傷や汚れが少ないものでも32万円と大正6年よりやや高い程度です。

新20円金貨 大正8年(1919年)

買取価格 ※※※円

大正8年に発行された新20円金貨は1,531,217枚です。この年でようやく200万枚を下回る数に落ち着いたようです。

大正時代で絞ると発行枚数は少ないほうですが、近い枚数の大正4年製の金貨より安値です。

品質が低いものだと14万円から、品質が良いと35万円からと大正時代に発行された金貨のなかではやや低い値段で取引きされています。

新20円金貨 大正9年(1920年)

買取価格 ※※※円

大正9年に発行された新20円金貨は370,366枚です。大正2年以来の100万枚を下回る数ですが、大正元年のほうが枚数は少ないので、希少価値は劣るでしょう。

それでも大正時代の新20円金貨のなかでは希少性が認められているため、品質が低いものでも20万円から取引きされています。

また品質が良いものだと65万円で取引きされることもあるので、大正時代に発行された金貨のなかでは高額が期待できる金貨であるといえるでしょう。

新20円金貨 昭和5年(1930年)

買取価格 ※※※円

昭和5年に発行された新20円金貨は11,055,500枚です。大正6年の6百万枚をさらに上回る枚数は、新20円金貨のなかでもっとも多い数です。

しかしこうした大量発行の背景には、日本の『金解禁』が関係しています。第一次世界大戦がはじまった時、世界各国は金の輸出をストップしました。

戦争に必要な物資などの輸入が多く、金で取引きすると、自国の金が大量に外に流れてしまうからです。けれどもこの時の日本は関東大震災や戦後の強行により、経済状況が悪いままでした。

そんななか金輸出を解禁した他国に促され金を輸出する選択を取ったことで、日本中の金が世界に流れてしまいました。

上記の理由から発行枚数が多くとも、昭和5年製の新20円金貨は現存数が少ない希少性という付加価値が認められました。

品質が低いものでも400万円から取引きされ、かなり状態が良いものだと1千万円で取引きされることもあります。

新20円金貨 昭和6年(1931年)

買取価格 ※※※円

昭和6年に発行された新20円金貨は7,526,476枚です。この枚数は発行された新20円金貨のなかで2番目に多いです。

しかし前年同様この時もまだ、日本は不景気で輸入に頼っていただけでなく、海外の金解禁に合わせて多くの金を外へ流出してしまいました。

上記の経済状況の悪化を防ぐため、昭和6年の12月に日本は金の輸出を禁止する政策に踏み切りました。

けれどもこの時期に発行された新20円金貨のほとんどはすでに輸出されており、残存数は少ないです。

発行枚数も昭和5年より少ないことから、傷がなくきれいな状態の金貨なら、1千万円以上の金額で取引きされることもあります。

金貨買取本舗におまかせください!

新20円金貨の買取なら金貨買取本舗

新20円金貨の買取は金貨買取本舗にお任せください。
他店に負けない買取金額をご提示しています。お客様の明治金貨を丁寧に査定して高価格で買取いたします!

査定のお申し込みはお気軽に

  • 送料・査定料・買取手数料は一切頂きません。
  • 全国対応の宅配買取と店頭買取、ご都合のよい方をお選びください。
  • 他店との見積比較歓迎です。
  • 宅配買取の入金は最短即日!銀行振り込みいたします。

選べる3つの買取方法

お客様のご都合にあわせて3つの買取プランをご用意しました。お好きなときに売却できる店頭買取。お店が遠い、お店に行く時間がない場合は宅配買取。お品物を運べない場合は出張買取など、様々なケースに合わせてご自由にお選びいただけます。
詳しくは以下ボタン先のページをご覧ください。

店頭買取

お近くの店舗に明治金貨と身分証明書を持ってご来店ください。

近くの店舗を探す

宅配買取

まずは無料査定。明治金貨と書類を梱包して送るだけ。

宅配買取について

出張買取

明治金貨の他多数の商品があり運べないなどの場合はお電話一本で出張買取申し込み。

フリーダイヤル 0120-961-066
営業時間10:00-18:00 年中無休

電話で出張買取のご相談

お客様の声

新20円金貨の買取で「金貨買取本舗」が選ばれるのはなぜか?

高額査定

限界ギリギリの高額買取

明治金貨の高価買取を実現するのに、徹底したコスト削減を行なっております。自社販売網による削減など、あらゆるコストを削減してお客様に還元しております

薄利多買

薄利多買で運営

一つ一つの品物から得られる利益は僅かですが、一つの利益が少なくてもたくさんのお客様にご利用いただければ大きな利益となります

大量現金買取

数千万でも数億円でも現金買取

インゴット大量現金買取サービスはたとえ超高額買取であっても現金でお支払い。限度額なんてありません。金貨でも貴金属スクラップでもOK!

丁寧に査定

専門鑑定士がすばやく丁寧に査定

豊富な知識を持つ鑑定士が一点一点すばやく丁寧に査定をします。新20円金貨の査定はお任せください

全店駅近

アクセスしやすい全店駅近で店舗展開

全店駅近 徒歩圏内!お客様が利用しやすい環境を整えることで、たくさんのお客様にご利用いただいております

お客様の疑問やご不明点にお答えします

明治金貨についてや買取に関する事など、なんでもお気軽にお問い合わせください!

傷がついた金貨は値段が下がるのでは・・・?

一般的に金貨は金価格に基づき値段が決まるため、金のグラム数に問題がなければ当サイトに記載している買取価格でお買取りしています。

ただし、希少性の高い金貨などに関しては、金貨の状態なども加味した買取価格になりますので、その点ご了承くださいませ。

コインジュエリーなどは買い取ってもらえない?

お買取出来る貴金属であれば、どのようなものでもお買い取りいたします!

査定は無料ですので、まずは『LINEで簡単査定』か『フリーダイヤル』、もしくは『お問合せフォーム』からご連絡ください。

自分が持っている金貨の明確な相場がわからない

一般的に金貨の相場は『素材である金の価格』と『プレミア(希少性)』に基づいて決まります。当サイトではこれらを加味した買取価格を記載しております。

メニューバーにある『買取品目』からご自身のお手元にある金貨をご検索くださいませ。

手っ取り早く相場を知りたい方は『LINEで簡単査定』か『フリーダイヤル』、もしくは『お問合せフォーム』からご連絡ください。

宅配買取って初めてで心配

ご連絡時に初めて利用する旨をお伝えいただければ、弊社スタッフが懇切丁寧にサポートいたしますのでご安心ください!

弊社内での査定となりますが、特別な理由がない限り当サイトに記載している買取価格でお買取りいたします。

査定額にご納得いただけない場合はキャンセルいただくことも可能です。キャンセル料はかかりませんが、返品送料はお客様負担になりますのでその点ご了承くださいませ。

その疑問にお答えします!

総合ダイヤル・共通メールフォームから
お問い合わせください

お電話でもメールでもOK!
メールなら24時間受付中

フリーダイヤル受付時間 10:00-18:00

メールお問い合わせ

※繋がらない場合は047-409-1031へお願いします(通話料がかかります)