金貨・硬貨・コイン買取専門店金貨買取本舗

送料・手数料無料 すべて0円!送料・手数料無料 すべて0円!宅配買取、店頭買取に対応

フリーダイヤル 0120-9610-66フリーダイヤル0120-9610-66
受付時間 10:00-18:00
フリーダイヤル通話ができない場合047-409-10316コールで2回転送されます。長めにお電話ください。

米国金貨販売量、回復の兆し

金貨買取本舗では金貨,銀貨,コイン,メダル,記念硬貨,金,プラチナを東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県で高価買取価格を実現!

米国金貨販売量、回復の兆し

気になる金貨の話題を不定期に掲載しています。記事は引用先の投稿日時も記載があればこちらにも掲載しています。

価格上昇期待が高まっている?

米国金貨販売量、回復の兆し

2014年1月

■貨幣の種類

貨幣はその特性から

①秤量貨幣  形、重さ、成分(純度)が不定。支払いの度に鑑定と計量が必要で煩わしく不便。古代に賃幣として流通した塩、胡椒、貝などがこれに当たる。

②計数貨幣  形、重さ、成分(純度)がほぼ一定。鑑定や計塞が不要で数えるだけで使用できる。我々が使用している紙幣や硬貨がこれに当たる。

上記の二種類に大別されるが、どちらが経済発展に寄与するか、すぐにお分かりだろう。我々は何気なく、計数貨幣のシステムを利用して便利な貨幣経済の中に生きているが、その起源は金貨にあった。

最古の計数貨幣がなぜ金貨だったのか。

■金が買えない時代もあった 自由の国・米国でさえ金保有を禁止していた時代があったが、今は我が国を含めて普通の国なら自由に買える。

■価格上昇期待が強まっている? 減少傾向にあった米国の金貨販売量が回復の兆しを見せている。価格上昇期待が強まっているのではないか。今年は米国で金保有が解禁されてから40年目に当たる。歴史上の一つの節目として金にとって良い年になるかもしれない。

米国の金貨販売量は近年、減少傾向にあるが、2013年に回復の気配を見せている。ルーズベルト大統領の世界恐慌対策によって1993年に禁止された金の個人保有が1974年12月に解禁されて40年になる今年、米国の個人投資家はどう動くのだろうか。

以上、抜粋引用記事でした。 上記サイトには、アメリカ造幣局資料によるイーグル金貨、バッファロー金貨の2013年11月までの米国金貨販売量合計棒グラフ画像が掲載されています。因みに、そのグラフによれば、イーグル金貨、バッファロー金貨の販売量合計は、昨年の7月には10トン強の販売だったのが、8月頃から少し上昇し始め先月の倍約27トン販売され、翌月9月には50トンを超えています。しかし、その後のイーグル金貨、バッファロー金貨の販売合計量は下降気味です。

2014-06-14 13:43:50

24時間受付中
簡単メールで無料査定お申込み

査定のお申し込みはお気軽に

  • 送料・査定料・買取手数料は一切頂きません。
  • 他店との見積比較歓迎です。
  • 換金は最短即日!銀行振り込みいたします。
  • 全国対応の宅配買取と店頭買取どちらもお選び頂けます。

お電話からもお気軽にご連絡ください

通話無料 フリーダイヤル0120-9610-66

フリーダイヤル通話ができない場合047-409-1031※通話料がかかります

金貨買取本舗ロゴ

金貨・硬貨・コイン買取専門店金貨買取本舗

営業時間10:00-19:00年中無休

お客様にご満足いただける宅配買取

宅配買取をご利用頂いたお客様皆様にご満足頂いております!