金貨・硬貨・コイン買取専門店金貨買取本舗

送料・手数料無料 すべて0円!送料・手数料無料 すべて0円!宅配買取、店頭買取に対応

フリーダイヤル 0120-9610-66フリーダイヤル0120-9610-66
受付時間 10:00-18:00
フリーダイヤル通話ができない場合047-409-10316コールで2回転送されます。長めにお電話ください。

国内金貨

金貨買取本舗では金貨,銀貨,コイン,メダル,記念硬貨,金,プラチナを東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県で高価買取価格を実現!

国内金貨

国内金貨の種類には
大判、小判、分金、本位金貨、記念金貨等があります。

「大判 金貨」として規格化されたものは、天正16年(1588年)、豊臣秀吉の命で後藤四郎兵衛家(京金工)が製造したのが始まりとされています。以後時の権力者の命により文久2年(1862年)まで後藤家(京都、後に江戸)が製造し続けました。大判は本来、贈答・献上・公納など特権身分の公私儀礼用あるいは、大規模な取引の支払いにあてるために特製されていました。量目(質量)は、万延年間(1860年)以降に製造されたものを除き、京目10両(44匁、約165グラム)と統一されていますが、品位(純金含有量)は、時代により変化しています。幣価は「金一枚」であり小判の通貨単位「両」とは異なります。大判は、正規貨幣であり、そのまま市中で通用するものでしたが、通常は小判など小額貨幣に両替されました。小判との交換比率は純金量を参考に大判相場が決められました。江戸時代の一時期のみ公定価格が存在していました。

大判の種類

■譲葉金(無銘大板金):16世紀後半の規格化される以前の大判。
■天正大判金 天正16年(1588年)~慶長17年(1612年)

  •   ●天正菱大判金:表に菱形の桐刻印があり、これらの多くは埋め金により量目調整されている。
  •   ●天正長大判金:普通タイプの天正大判金より縦に長い大判。
     これはウィーン金貨ハーモニー1000オンスが2004年に発行されるまで
     世界一大きい金貨でした。
  •   ●大仏大判:豊臣秀頼が京都方広寺の大仏殿再建のために造らせたといわれる大判。
     慶長大判金の特徴も有ります。

■慶長大判金 慶長期(1601年頃)~延宝期(1673年頃)

  •   ●慶長笹書大判金:墨書きの花押が笹の葉のような形に見えますが五代後藤徳乗の弟、
     長乗の書です。慶長大判金のうち最初期のタイプとも考えられています。
  •   ●明暦大判:明大火以降、焼損金銀にて江戸城内で製造されたとされる大判。
     品位が他の慶長大判金より低いのが特徴です。

■元禄大判金 元禄8年(1695年)~享保元年(1716年):
裏面に「元」の字の極印(年紀銘刻印)があります。
■享保大判金 享保10年(1725年)~天保8年(1837年):
1枚を7両2分とする公定価格が設定されました。
■天保大判金 天保9年(1838年)~万延元年(1860年):
享保大判金とよく似ていますが品位が僅かに低い大判。
■万延大判金 万延元年(1860年)~文久2年(1862年):
量目約112グラム。表面が「たがね打ち」のものと「のし目打ち」のものがあります。
1枚を25両とする公定価格が設定されました。

慶長以降の大判の様式は、表面の上下左右に丸枠に五三桐(ごさんのきり)と呼ばれる 極印が4つあり、「拾両後藤」の文字と後藤家当主の花押が墨書きされている。裏には上から年紀銘極印(元禄大判金のみ)、五三裸桐紋極印、丸亀甲枠に五三桐紋極印、丸枠に後藤花押極印、左端に3つの座人極印があります。 表書きの10両は、幣価ではなく、量目の単位としての記述ですが、「拾両」は金一枚を表す大判の代名詞としての意味があり、10両に満たない万延大判金にも「拾両」と書かれています。

 

2014-06-22 13:39:01

24時間受付中
簡単メールで無料査定お申込み

査定のお申し込みはお気軽に

  • 送料・査定料・買取手数料は一切頂きません。
  • 他店との見積比較歓迎です。
  • 換金は最短即日!銀行振り込みいたします。
  • 全国対応の宅配買取と店頭買取どちらもお選び頂けます。

お電話からもお気軽にご連絡ください

通話無料 フリーダイヤル0120-9610-66

フリーダイヤル通話ができない場合047-409-1031※通話料がかかります

金貨買取本舗ロゴ

金貨・硬貨・コイン買取専門店金貨買取本舗

営業時間10:00-19:00年中無休

お客様にご満足いただける宅配買取

宅配買取をご利用頂いたお客様皆様にご満足頂いております!