送料・手数料無料 すべて0円!送料・手数料無料 すべて0円!宅配買取、店頭買取に対応

フリーダイヤル 0120-9610-66フリーダイヤル0120-9610-66
受付時間 10:00-18:00
フリーダイヤル通話ができない場合047-409-1031
6コールで2回転送されます。長めにお電話ください。

【日本一高いWeb買取価格】K24純金海外金貨の買取価格UP!!
CLOSE

高額取引が可能!2009年ウルトラハイリリーフ金貨の売買情報

一枚からの少額で気軽に金投資に参加できる金貨。金地金と違い売却手数料もかからないため、市場で金貨は人気の投機商品となっています。その中でも2009年ウルトラハイリリーフ金貨は、その希少性やコレクター人気から、かなりの高値で取り引きされています。
その2009年ウルトラハイリリーフ金貨について、金貨取り引きの概要なども交えながら、売買情報を説明します。

金の相場と希少価値で決まる金貨の相場

まず金貨の相場は、その時々の「金の価格」と「重さ」、そして金貨自体の「希少価値」によって決まります。金貨の素材はその多くの割合が金であるため、まずは素材として金の価値が見られ、それに希少性の価値が加わる事で、金貨の価値が決定されます。
金の相場が日々変化するものである以上、それに合わせて金貨の価値も変わります。つまり金貨を高く売るためには、基本的に金相場を注視する必要があるというわけです。

また、アンティーク金貨の場合は、金貨の発行枚数や金貨の残存数、歴史的価値がある金貨、人気などによってその価値は変動します。残存数が多く希少性の低い金貨は、アンティークでも価値がほとんどないので、金という素材の価格で取り引きされてしまう事も少なくありません。
一方でモダン金貨でも限定生産された希少性の高い金貨や、コレクター性が高い金貨については、金そのものの価値もさることながら収集品としての価値が大きくなり、かなりの高値で取り引きされます。さらに、国際的鑑定機関で高ランク鑑定がされた商品であれば、さらに価値が上がる事も珍しくありません。

ページトップに戻る

少額投資が可能な一般的な地金型金貨とは?

投機商品として金貨を見た場合、一般的に金貨は少額での金投資を行う場合に利用されています。
なぜなら金貨の取引では、売買手数料(バーチャージ)がかからないためです。金地金(金の延べ棒、インゴット)を売買する場合、500g以下の少量取引だと、一本取り引きするごとに売買手数料がかかります。金地金は500gまたは1kgの単位で取り引きされるため、それ以外の重量だと、再加工する手間賃がかかってしまうのです。
一般的に売買手数料は金地金の重量が軽くなればなるほど、重さに占める割合が高くなります。しかし金貨、特に投機商品として良く用いられる「地金型金貨」の場合、そういった事はありません。発行している国が品質を保証している信頼性の高い地金型金貨は、再加工される事も無くそのまま売買されるので、売買手数料がかからないのです。

また、地金型金貨には1オンス(約31.1g)、1/2オンス(約15.55g)、1/4オンス(約7.75g)、1/10オンス(約3.11g)など、重さが異なる数種類が用意されているのが一般的で、少ない資金でも購入する量が調節しやすくなっています。それこそ1/10オンス金貨1枚の超少額から、金投資に参加する事が可能なのです。
ただし「2009年ウルトラハイリリーフ金貨」のようなコインはその限りでなく、かなりの高額で売買されています。

2009年ウルトラハイリリーフ金貨の買取価格をチェック

ページトップに戻る

希少価値が高い2009年発行のウルトラハイリリーフ金貨

2009年ウルトラハイリリーフ金貨はアメリカで発行された、「ワンイヤータイプ」と呼ばれる希少な金貨です。日本のコレクターには略してウルハイなどと呼ばれていたりします。

One-year type(ワンイヤータイプ)とは1年間しか生産されなかったた硬貨のことです。
通常は、人気が無かったり、デザインが不評だったりなどの理由で生産が打ち切られたと考えられる硬貨で、中には数ヶ月で生産が終わってしまったような硬貨もあります。
ただし、全てが失敗したものというわけではなく、生産上の問題や、始めから希少性を考えてなど様々な理由で1年生産としているものもあるでしょう。
今回紹介している2009年ウルトラハイリリーフ金貨は明らかに後者です。

1907年のダブルイーグル金貨/セント・ゴーデンズ20ドル金貨オリジナルデザインの復刻版というか、現代の技術で再鋳造です。

原版はアメリカの彫刻家「オーガスタス セント・ゴーデンズ」によってデザインされましたが、当時の技術ではセント・ゴーデンズの考えたウルトラハイリリーフは大量生産で再現することが難しく、極々僅か試作品が造られただけです。
そして圧印回数を減らしてハイリリーフとして製造されましたが、それでも生産が厳しく、ハイリリーフ版は約12000枚だけ発行され、最終的には通常品となり、1907-1933年まで発行されました。
ハイリリーフは高ランクの物には5、6千万円の値が付いています。

そして2009年、セント・ゴーデンズのデザインを可能な限り再現し、1907年版には無かった要素も加えて、2009年ウルトラハイリリーフ金貨が生産されたました。

2009年ウルトラハイリリーフ金貨は鋳造された数量自体少ない上、1家庭に1枚のみの販売、外国人への販売はしないなど、厳格なルールに則り販売されました。そのため市場に出回る品物数は非常に少なく、売買される際は高値で取り引きされています。

2009年ウルトラハイリリーフ金貨の買取価格をチェック

ページトップに戻る

2009年ウルトラハイリリーフ金貨のグレードをチェック

2009年ウルトラハイリリーフ金貨には鑑定会社によっても多少変わりますが、数値グレードのほかに、詳細をより分かりやすくするための接尾辞があります。グレードが高い順に「プルーフライク・ファーストストライク(PL FIRST STRIKE)」「プルーフライク(PL)」「ファーストストライク(FIRST STRIKE)」と呼ばれており、それぞれグレードによって大きく価値が変わるのです。

プルーフライクはプルーフ硬貨のような輝きがある美しいもの。ファーストストライクは発行されてからすぐに鑑定した初回分です。
ほかにもサイン入りなどいろいろあるのですが、だいたいのところは上記の3つです。

2009年ウルトラハイリリーフ金貨は鑑定ケースに入った状態で取り引きされるのが一般的ですが、この鑑定ケースのラベルに数値グレードやプルーフライクなどの記載があります。
プルーフライクの場合は「MS70PL」と記載されており、そうでない場合は「MS70」と記載されています。
このMS70のMSとはミントステイト(流通型)のことで、流通用に製造された未使用状態のものです。数値は60-70まであり、70が最高値です。
MS70PLとは流通型では最高の状態で、まるでプルーフ加工されたような美しさがあるということになります。
ちなみに、ウルハイにはありませんが、プルーフ加工された硬貨はPL70となります。PL70PLはありません。実際にプルーフ硬貨の場合は、プルーフのようなという意味のProoflike接尾辞が付くことはありません。
またファーストストライクなのかそうでないのかは、鑑定ケースの表面に「FIRST STRIKE(またはEARLY RELEASES)」の記載があるかどうかで判断できます。

基本的に2009年ウルトラハイリリーフ金貨の価値は、そのグレードによって決まります。ただ例外として、アメリカ合衆国造幣局局長のサインが入っていたり、鑑定ケースのラベルが一般のものと違っていたりすると、価値が上がる場合もあります。

ページトップに戻る

買取金額が高額になるからこそ信頼できる業者に

2009年ウルトラハイリリーフ金貨を売買する際、気を付けておきたい事がいくつかあります。その一つが、売買は必ず、信頼のおける業者を見つけた上で、査定依頼しなければならないという事です。
2009年ウルトラハイリリーフ金貨は、品物の性質上、取引は必ず高額なものとなります。その際おかしな業者に依頼すると、グレードの低い2009年ウルトラハイリリーフ金貨を法外な値段で売りつけられたり、その逆に良い品物を不当な価格で買い叩かれたりする可能性がないともいえません。

また査定依頼を出す前に、金や金貨に関する基本知識を勉強しておくことも大切といえるでしょう。金の相場観がなかったり、そもそも売りたい品物に対する知識が欠如していては、業者側がどんな査定結果を出してきても、それが果たして正当な金額なのか判断する事すらできません。
安く買い叩かれた後に気付いても後の祭り。そういった事を防止するためには、自分が売りたいものの知識くらいは持っておくべきといえます。

査定依頼や問い合わせの際に見える業者の対応も、大切なチェックポイントです。業者が丁寧な対応をしてくれるか、不明な点にたいして質問して、きちんと説明してくれるかを確認しましょう。
そういった点をごまかすような業者は、査定結果に信頼がおけるのか果たして疑問です。2009年ウルトラハイリリーフ金貨のような高価な品物を売買する以上、信頼できる業者を見定めることは何より大切といえます。

もし信頼できる金貨の売却先を探しているのなら「金貨買取本舗」をぜひ候補に入れてください。
品物価値の正確な鑑定とコスト削減により、他社に比べ高額な金の買い取り査定を行っています。当店はお客様から好評を得ていて、出店した地域に留まらず、他県から鑑定依頼に訪れるお客様もおられます。
説明も丁寧に、なるべく解りやすくを心がけております。

ページトップに戻る

ご相談・ご依頼はコチラから

LINEでのご相談

来店予約・査定申込

メールでのご相談・よくあるご質問

営業地域一覧

関東・北関東地方
関西地方
北海道・東北地方
北陸・信越地方
中部地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

営業地域一覧はこちら

金貨買取の専門家が適正価格でお買取りします!

年間1万件以上の取引実績&金貨買取歴10年以上の弊社の経験豊富な査定士が的確にお品物の価値をお見定めいたします。

『お客様にご納得いただける価格提示』に定評がある弊社にぜひ金貨をお持ち込みください!

  • 2024年05月20日【買取実績】パンダ金貨 1/2oz
  • 2024年05月11日【買取実績】純金干支十二稜メダル(卯)
  • 2024年05月07日【買取実績】ウィーン金貨ハーモニー 1oz 2枚
  • 2024年04月27日【買取実績】天皇陛下御在位20年記念 1万円金貨と500円ニッケル黄銅貨プルーフセット
  • 2024年04月19日【買取実績】ミッキーマウス2003年プルーフ貨幣セット
  • 2024年04月13日【買取実績】プラチナコアラコイン 1oz,1/4oz 2枚
  • 2024年04月09日【買取実績】アトム銀貨3点セット
  • 2024年04月02日【買取実績】シドニーオリンピック記念 100ドル金貨 3枚
  • 2024年03月28日【買取実績】モルガンダラー銀貨 1921-S
  • 2024年03月20日【買取実績】ブリタニア 2ポンド銀貨 エリザベス2世
  • 2024年03月09日【買取実績】カンガルー金貨 1oz
  • 2024年03月02日【買取実績】パンダ金貨 1/2oz

金貨以外もお買取りしています!

その他品目の買取は、弊社サービス「こちら買取本舗」をご利用ください。

遺品整理・買取

遺品整理や生前整理で出てきた記念金貨、コイン、古銭、プラチナ貨幣の売却は金貨買取本舗へ。

お役立ちコンテンツ