金貨・硬貨・コイン買取専門店金貨買取本舗

送料・手数料無料 すべて0円!送料・手数料無料 すべて0円!宅配買取、店頭買取に対応

フリーダイヤル 0120-9610-66フリーダイヤル0120-9610-66
受付時間 10:00-18:00
フリーダイヤル通話ができない場合047-409-10316コールで2回転送されます。長めにお電話ください。

特集!コインの価値~記念硬貨の豆知識~

金貨買取本舗では金貨,銀貨,コイン,メダル,記念硬貨,金,プラチナを東京都,千葉県,神奈川県,埼玉県,茨城県で高価買取価格を実現!

特集!コインの価値~記念硬貨の豆知識~

img_mame_01

記念貨幣とは、国家的行事があったことを記念して発行される特別な貨幣をさします。 硬貨の場合には、記念コインや記念硬貨と呼ぶ場合もあります。 世界各国で発行されており、数多くの記念貨幣があり、その形、色、歴史的経緯は様々です。 一つ一つを収集しながら、その背景を知ることで、ますます収集が楽しくなります。 ここでは、記念貨幣とは具体的にどのようなものなのか、解説していきます。

記念貨幣を最初に発行した国家はローマ帝国でした。ローマ帝国では戦勝記念の貨幣を度々発行しており、従属することになった被征服者を象徴的に表すことでローマの権威を誇示するプロパガンダの目的があったそうです。また貨幣には多くの場合、皇帝や国王の肖像が刻まれていました。新しく即位した君主を記念する貨幣が発行されることがあり、そのような貨幣の発行は近世になると増加していきました。貨幣によって新しい君主の肖像を宣伝する意味もあったようです。

貨幣には、通常の流通を目的とする通常貨幣とよばれるものがあります。近年では、アメリカ合衆国の50州25セント硬貨のように通常貨幣とは異なるデザインの硬貨を通常貨幣と同様に流通させる場合があり、これも記念貨幣とされています。またイギリスの5ポンド硬貨やユーロ圏諸国の2ユーロ記念硬貨のように、毎年記念貨幣として発行される額面があります。なお5ポンドは通常貨幣は紙幣であり、硬貨は記念貨幣のみとなっています。

第二次世界大戦頃までの高額硬貨は本位貨幣として金貨や銀貨など、貴金属で作られていることが多く、そのため多くの記念貨幣も貴金属で作られていました。しかし世界恐慌後に世界各国で金本位制が停止したため、通常貨幣として金貨が発行されることは、ほとんどなくなり、第二次世界大戦後は記念貨幣も廉価な銅貨や白銅貨で製作されることが多くなりました。更に1970年以降には、銀の工業需要増大により価格が上昇したため、銀貨を通常貨幣として流通させる国も無くなりました。このため現在では記念貨幣のみが貴金属で発行されています。貴金属の素材は金、銀が中心ですが、プラチナやパラジウムなどが使用されているものもございます。

記念貨幣も法貨であるため原則的に通用額面が表記されていますが、収集型金貨のように、額面よりもはるかに高額な素材を使用し、また額面よりも高く販売される場合がございます。また地金型金貨においても、額面で取引されるのではなく、実際には地金に製造費を上乗せした価格で販売されています。中には、毎年デザインを変えて発行されるものもあり、これらも記念貨幣の一種と見なされています。

ヨーロッパの王国では、王室の慶事で記念貨幣が発行されることが多く、そのおもな理由は 、国王の即位および戴冠式、国王や皇太子の婚儀、国王夫妻の銀婚式や金婚式、国王の長期間の統治などです。

世界で最初にオリンピック開催を記念し銀貨を発行したのはフィンランドのヘルシンキ大会でした。額面は500マルッカで1951年と1952年の年号銘があり、直径32mmで重量が12gでありましたが、銀比率が.500の低品位銀貨でした。1964年には日本で東京オリンピックの記念銀貨が発行され、人気が高まり、記念銀貨発行による収益を大会運営費に当てるに至りました。この成功をきっかけに、その後1968年のメキシコオリンピックでも記念銀貨が大量に発行されました。以降オリンピック大会開催毎に記念貨幣が発行され、その収益を大会運営費に当てることが定着しました。

アメリカ合衆国では、1ドルと50セントの記念銀貨、5ドルや10ドルの記念金貨などが多く発行されています。1976年の建国200年記念では通常貨のデザインを変更した1ドル、50セント、25セントの記念貨幣が発行されたほか、偉人の生誕周年記念などの貨幣も見られます。アメリカの記念金貨は収集型金貨です。例えば、5ドル金貨(重量8.39g、品位.900)は、一般への売り出し価格は200ドルですが、法定通貨としての額面より高いプレミアム価格がつけられています。

一般的にオリンピックやサッカーのワールドカップ、万国博覧会では開催国から記念貨幣が発行されることが通例となっていますが、それらの開催国以外、もしくは、そのイベントに参加していない国までもが記念貨幣収集家の購入を目的とし、便乗してこれらのイベントの記念貨幣を発行する場合があり、記念切手や特殊切手と同じような現象も生じています。また自国には存在しない野生生物や外国の世界遺産を紹介するという名目で記念貨幣が発行されることも珍しいことではありません。

このように現在の記念貨幣の概念は、慶事を祝うというもの以外に、シリーズでテーマを決めた硬貨を発行するなど、いささか記念という概念を逸脱するものが増えてきています。

近年では、従来の円形もしくは穴が開いている記念貨幣に加え、デザインの鉄道トンネルに穴が開いていたり、変形(国土の地図や楽器の形など)の記念貨幣も存在し、またカラーコイン(またはグラフィックコイン)と呼ばれる着色されたデザインを持つもの記念貨幣もあります。これは貨幣の表面に下地を塗りつけてオフセット印刷で色をつけて加工したものです。それには近年日本で発行されている1000円記念銀貨が該当します。更には、硬貨に宝石を埋め込んだもの、金属ではなくクリスタル製の硬貨なども出現しています。これらの記念硬貨は装飾品に酷似していますが、法定通貨でありメダルとは異なります。

国の大小を問わず、記念金貨が外貨獲得のひとつの手段として用いられる場合も少なくありません。例えば日本では、オリンピック東京大会の1000円銀貨1枚あたりの製造コストが約400円でしたのでオリンピック開催の資金源のひとつとなりました。また昭和天皇御在位60年記念10万円金貨では、製造コストが約4万円であり、実質発行枚数が約910万枚(発行額約9100億円)であったため、数千億円が国庫に入りました。近年では、クック諸島やツバルといった国々で、日本市場向けに日本のアニメーションのキャラクターをかたどった記念貨幣を発行しているほか、1989年にはリベリアから「各国元首記念シリーズ」のひとつとして昭和天皇の肖像入り記念貨幣(250ドル金貨、20ドル金貨、10ドル銀貨)が発行され、2000年にはソマリアから「ミレニアムを象徴する人物シリーズ」のひとつとして昭和天皇の肖像入り記念貨幣(250シリング銀貨、25シリング白銅貨)が発行されました。

このように、近年では大量の記念貨幣が世界各国で発行されています。実際に世界的なコインカタログ"Standard Catalog Of World Coins"(アメリカのクラウゼ出版社"Krause Pubns Inc"刊)は19世紀以前と20世紀、そして21世紀の3冊セットからなります。つまり2001年以降はそれだけ膨大な記念貨幣が発行されたといえます。

日本の代表的な記念金貨

天皇陛下御即位記念金貨10万円

天皇陛下御即位記念金貨10万円 本日の買取価格はこちら

  • ・1990年(平成2年)4月10日に発行された今上天皇御即位記念金貨
  • ・日本造幣局 発行枚数200万枚
  • ・質量30g K24 純金
皇太子殿下御成婚記念金貨5万円

皇太子殿下御成婚記念金貨5万円 本日の買取価格はこちら

  • ・1993年(平成5年)9月9日に発行された
     皇太子徳仁殿下と雅子様の御成婚記念金貨
  • ・日本造幣局 発行枚数200万枚
  • ・質量18g K24 純金
天皇陛下御在位10年記念1万円金貨

天皇陛下御在位10年記念1万円金貨 本日の買取価格はこちら

  • ・1999年(平成11年)12月に発行された天皇陛下御在位10年記念金貨
  • ・日本造幣局 発行枚数20万枚
  • ・質量20g K24 純金
長野五輪冬季大会記念金貨1万円

長野五輪冬季大会記念金貨1万円 本日の買取価格はこちら

  • ・1997年(平成9年)から1998年(平成10年)にかけて3回に分けて
     発行された1998年第18回長野冬季オリンピックの開催記念金貨。
  • ・日本造幣局 各発行枚数55,000枚
  • ・質量15.6g K24 純金
日本国際博覧会記念金貨1万円

日本国際博覧会記念金貨1万円 本日の買取価格はこちら

  • ・愛知県愛知郡長久手町豊田市および同県瀬戸市の2会場で
     開催された博覧会開催記念金貨。
  • ・日本造幣局 発行枚数70,000枚
  • ・質量15.6g K24 純金
ワールド杯日韓共催記念金貨1万円

ワールド杯日韓共催記念金貨1万円 本日の買取価格はこちら

  • ・日本と韓国の2か国による共同開催となったFIFAワールドカップ
     開催記念金貨。
  • ・日本造幣局 発行枚数50,000枚
  • ・質量15.6g K24 純金
東日本大震災復興事業記念金貨

東日本大震災復興事業記念金貨 本日の買取価格はこちら

  • ・個人向け復興応援国債を一定額以上保有している方に贈呈される以外に
     独立行政法人造幣局から一部販売されている記念金貨。
     こちらはその第一次発行分。
  • ・日本造幣局 発行枚数14000枚
  • ・質量15.6g K24 純金

2013-07-29 15:29:34

24時間受付中
簡単メールで無料査定お申込み

査定のお申し込みはお気軽に

  • 送料・査定料・買取手数料は一切頂きません。
  • 他店との見積比較歓迎です。
  • 換金は最短即日!銀行振り込みいたします。
  • 全国対応の宅配買取と店頭買取どちらもお選び頂けます。

お電話からもお気軽にご連絡ください

通話無料 フリーダイヤル0120-9610-66

フリーダイヤル通話ができない場合047-409-1031※通話料がかかります

金貨買取本舗ロゴ

金貨・硬貨・コイン買取専門店金貨買取本舗

営業時間10:00-19:00年中無休

お客様にご満足いただける宅配買取

宅配買取をご利用頂いたお客様皆様にご満足頂いております!