金貨・硬貨・コイン買取専門店金貨買取本舗

送料・手数料無料 すべて0円!送料・手数料無料 すべて0円!宅配買取、店頭買取に対応

フリーダイヤル 0120-9610-66フリーダイヤル0120-9610-66
受付時間 10:00-18:00
フリーダイヤル通話ができない場合047-409-10316コールで2回転送されます。長めにお電話ください。

CLOSE

この夏視聴者を夢中にさせた2020年東京オリンピック

金貨買取本舗では金貨,銀貨,コイン,メダル,記念硬貨,金,プラチナを日本全国どこからでも高価買取価格を実現!

この夏視聴者を夢中にさせた2020年東京オリンピック

1年間延期になっていた2020年東京オリンピックが今年ついに開催されました。コロナ過のため無観客での開催となりましたが、それでも大いに盛り上がった今大会。オリンピックに先駆けて発行されていた記念硬貨を紹介しつつ、大会の内容を振り返ってみましょう。


オリンピック開催記念に発行されたさまざまな貨幣

第3次発行 2020年東京オリンピック記念金貨

2020年東京オリンピックの開催を記念して発行された記念硬貨は全部で25枚。

第1次から4次に分けて2018年から2020年にわたって発行されました。

そのなかで10,000円金貨は2枚、1,000円銀貨は9枚、500円バイカラー・クラッド硬貨は1枚、100円クラッド硬貨は13枚。

金貨は競技とは直接関係なく、オリンピック全体に関連する図柄となっていました。第1次の金貨は流鏑馬と「心技体」の文字。流鏑馬はオリンピックの安全祈願で行われたものでした。

第3次の金貨は「勝利」を表す野見宿禰像と「栄光」を表すギリシャの女神像と「心技体」の文字。これは日本と古代オリンピック開催の地だったギリシャを象徴する図柄となっています。

残る競技と関係ない図柄は、第4次の500円バイカラー・クラッド硬貨の風神。こちらは2020年東京パラリンピック記念硬貨の第4次500円バイカラー・クラッド硬貨の雷神と対になっています。そして、第4次の100円クラッド硬貨のミライトワ。東京大会のマスコットキャラクターでした。

残る貨幣にはすべて、実際にオリンピックで競われたスポーツが刻まれています。貨幣になったスポーツをここで一挙に公開しましょう。

水泳 ・フェンシング ・陸上競技 ・バドミントン ・野球/ソフトボール ・空手 ・スケートボード ・スポーツクライミング ・サーフィン ・ウェイトリフティング ・体操 ・柔道 ・卓球 ・アーチェリー ・カヌー ・自転車競技 ・ボクシング ・レスリング ・サッカー ・テニス ・バレーボール

いずれもオリンピックの人気競技ですね。

それぞれの試合の様子が思い出される方もいるのではないでしょうか。これら競技の硬貨は1,000円銀貨と100円クラッド硬貨ですので、オリンピックの記念にコレクションとして集めてみるのもいいかもしれません。

ページトップに戻る

今大会は過去最高となるメダル獲得数58枚!

今年の7月23日から8月8日までの17日間、東京で行われた第32回オリンピック競技大会。

東京での開催は、1964年大会以来、実に57年ぶり!参加国・地域は205、参加人数は11,092人、33競技339種目で行われました。

直前まで開催できるかどうか危ぶまれていた2020年オリンピックですが、無事開催にこぎつけさまざまなドラマを巻き起こしました。

例えばオーストラリアのエマ・マキオン選手。

彼女は50m、100m自由形、4×100m自由形リレー、4×100mメドレーリレーで金メダルを、さらに100mバタフライ、4×200m自由形リレー、4×100m混合メドレーリレーでは銅メダルを獲得。

1人で7つのメダルを手にするという快挙を成し遂げました。

走高跳の決勝では劇的な展開も。カタールのムタズエサ・バルシム選手とイタリアのジャンマルコ・タンベリ選手は、決勝戦で競い合いオリンピック記録の2.39mまでハードルが上がると、両者とも飛ぶことができませんでした。

本来ならどちらかが飛べるまでジャンプオフするのですが、バルシム選手はこう提案しました。

「金メダルを2つにしてもらえないか」。

ルールには「当該競技者がもうこれ以上跳躍しないと決めた場合を含み、ジャンプオフが実施されない場合、同成績により第1位となる」とあったのです。

こうしてバルシム選手の申し出どおり、彼とタンベリ選手2人に金メダルが与えられました。親友同士だった2人はこの結果にとても感激し、タンベリ選手は「2人とも負傷を乗り越えて苦労してここまでやってきた。

金メダルを共有できることは信じられない」とコメントを残しています。

日本人選手も今大会では過去最高となる58個のメダルを獲得!数ある名試合のなかから、厳選してお届けしましょう。

まず、柔道で兄妹で魅せてくれた阿部一二三選手と阿部詩選手。66キロ級の一二三選手と52キロ級の詩選手は同日試合に臨みました。最初に1位を手にしたのは詩選手。

その姿を見てパワーをもらったという一二三選手も1位となり兄妹で金メダルを手にすることとなりました。

新競技のひとつであるスケートボードでは、10代~20代前半の若い選手たちが大活躍。ストリートでは、22歳の堀米雄斗選手と13歳の西矢椛選手が金メダルを、16歳の中山楓奈選手が銅メダルを獲得。さらに女子パークでは、19歳の四十住さくら選手が金メダル、12歳の開心那選手が銀メダルに輝きました。

野球とソフトボールも今回、強敵を打ち破って金メダルを制覇。

野球の優勝は公開競技として行われた1984年ロサンゼルスオリンピック以来で、正式競技としては初となります。

また、ソフトボールは2008年北京オリンピックから3大会ぶりに復活し、日本はその時以来となる金メダルでした。

そのほかにも、卓球、フェンシング、レスリング、ボクシング、体操、競泳、空手と、各種目で金メダルを獲得し、連日視聴者をエキサイトさせてくれました。

ページトップに戻る

東京2020オリンピック競技大会記念硬貨買取は金貨買取本舗へ

東京2020オリンピック競技大会記念硬貨と今夏ついに開催された東京2020オリンピックついてお話をしましたがいかがでしたでしょうか?
東京2020オリンピック競技大会記念硬貨やそのほかの記念金貨・記念硬貨も積極的に高価買取いたします。

東京2020オリンピック競技大会記念金貨╼

名称 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念 金貨/銀貨
発行国 日本
質量(g) 15.6g/31.1g
直径(mm) 26mm/40mm
厚さ(mm) --
材質 金/銀
品位(karat) K24/Sv1000

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念 1万円金貨の気になる買取価格はこちら

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念金貨の買取価格

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念千円銀貨もお買取りいたします!

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念銀貨の買取価格

金貨買取本舗では記念貨幣、金貨・プレミアムコインを高価買取いたします。
お持ちの金貨は今どれくらいの価格になるのか、価値が気になるかたはぜひ無料査定をご利用下さい。価格表にも載っていない金貨や銀貨、コインもお買取りしております。査定でプレミアがつくコインもございます!

メールフォームで無料査定

LINE査定で無料査定

ページトップに戻る

2021-09-22 11:10:03

24時間受付中
簡単メールで無料査定お申込み

査定のお申し込みはお気軽に

  • 送料・査定料・買取手数料は一切頂きません。
  • 全国対応の宅配買取と店頭買取、ご都合のよい方をお選びください。
  • 他店との見積比較歓迎です。
  • 宅配買取の入金は最短即日!銀行振り込みいたします。

お電話からもお気軽にご連絡ください

通話無料 フリーダイヤル0120-9610-66

フリーダイヤル通話ができない場合047-409-1031※通話料がかかります

金貨買取本舗ロゴ

金貨・硬貨・コイン買取専門店金貨買取本舗

営業時間10:00-18:00年中無休

お客様にご満足いただける宅配買取

宅配買取をご利用頂いたお客様皆様にご満足頂いております!